保護者の方へ 保護者の方へ
この度は、大切なお子さんの就職先としてMEGをご検討いただきありがとうございます。
18年間一緒に暮らしてきたお子さんと離れて暮らすことに不安を感じる方が多いかもしれませんが、
お子さんにとっては大切な巣立ちの時です。
ぜひ、MEGでの働き方や周囲の環境をご理解いただきながら、ご検討ください。

よくあるお悩み

MEGで働くスタッフの親御さんも皆さん同じような不安や悩みを持っていました。
ここでは、MEGで働くスタッフと親御さんのインタビューをご紹介します。
就職先を決める時に親子でどんなことを話したのか、MEGで働くお子さんをどう思っているのかなど、
ぜひ参考にしていただければと思います。

親子で語ろう

就職活動には不安がありましたか?

母:親元で不自由なく暮らしてきた娘が、知らない人ばかりの世界でやっていけるのだろうか?という不安がありました。
でも、最後は、高校生の時からやりたいと言っていたホテルや旅館で働く仕事をさせてやりたいと思ったんです。

娘:私も本当は家が大好きで、どちらかというと外に出たいと思わないタイプ。
だけど将来のことを考えた時、若いうちに県外で経験を積み、そして地元に帰って好きにやってみようと決めました。

先輩の声を見る

社会人としての一人暮らしについては?

母:寮が職場と近いということでしたし、高校の先輩や一緒に面接を受けた方も入社するということで、顔見知りが1人でもいると心強いなと思っていました。

娘:一人暮らしを始めて、洗濯や毎日のご飯など、今まで親が当たり前のようにしてくれていたことを全部自分ですることになって、親のありがたみが本当にわかりました。
あとは、早くお金を貯めたかったので、職場の仲間からの食事の誘いを断ったりしていたんですが、ある日、母から「人付き合いは大切にしなさい」と言われて、それからは気をつけるようになりました(笑)。

寮について

初めて帰省したときは?

母:成長したなと思いました。
表情や顔つきも変わって「すごく(社会)勉強したんだろうなぁ」という感じでした。

娘:いやいや(苦笑)。
初めて帰省した時は、搭乗手続きに手間取って飛行機に乗れないハプニングがあったから(笑)。
関空から慌てて伊丹空港に移動して次の便を探してもダメで、 また関空に戻ったり。
あの時は心が折れましたが(笑)、今は1人で飛行機に乗れるようになりましたよ(笑)。

MEGで働いてよかったと思うことはありますか?

娘:3年を経てリーダーを任されるようになり、自分の中で何かが変わってきました。
若いうちに「和の作法」も学べますし、どこでもやっていける自信が持てました。
同期の中でも1番最初に辞めると思われていた私ですが、ここまでやってこられたのは「母の言葉」のおかげです。
母は私が落ち込んでいると、いつでも「帰ってきていいよ」と言ってくれました。
その言葉を聞いて「いつでも帰れるんだ」と安心できて「もう少しがんばろう!」と思うことができたんです。

母:離れていてもわかり合えるのが親子ですから。
娘は私にとっても大きな存在で、いつまで経っても、どこにいてもやっぱり「家族」なんです。

親御さんへのお手紙「ふるさと便」

この度は、大切なお子さんの就職先としてMEGをご検討いただきありがとうございます。
18年間一緒に暮らしてきたお子さんと離れて暮らすことに不安を感じる方が多いかもしれませんが、お子さんにとっては大切な巣立ちの時です。
ぜひ、MEGでの働き方や周囲の環境をご理解いただきながら、ご検討ください。

よくあるお悩み

MEGで働くスタッフの親御さんも皆さん同じような不安や悩みを持っていました。
ここでは、MEGで働くスタッフと親御さんのインタビューをご紹介します。
就職先を決める時に親子でどんなことを話したのか、MEGで働くお子さんをどう思っているのかなど、ぜひ参考にしていただければと思います。

親子で語ろう 就職活動には不安はありましたか?

母:親元で不自由なく暮らしてきた娘が、知らない人ばかりの世界でやっていけるのだろうか?という不安がありました。
でも、最後は、高校生の時からやりたいと言っていたホテルや旅館で働く仕事をさせてやりたいと思ったんです。

娘:私も本当は家が大好きで、どちらかというと外に出たいと思わないタイプ。
だけど将来のことを考えた時、若いうちに県外で経験を積み、そして地元に帰って好きにやってみようと決めました。

先輩の声を見る

就職活動には不安はありましたか? 社会人としての初めての一人暮らしについては?

母:寮が職場と近いということでしたし、高校の先輩や一緒に面接を受けた方も入社するということで、顔見知りが1人でもいると心強いなと思っていました。

娘:一人暮らしを始めて、洗濯や毎日のご飯など、今まで親が当たり前のようにしてくれていたことを全部自分ですることになって、親のありがたみが本当にわかりました。
あとは、早くお金を貯めたかったので、職場の仲間からの食事の誘いを断ったりしていたんですが、ある日、母から「人付き合いは大切にしなさい」と言われて、それからは気をつけるようになりました(笑)。

寮について

社会人としての初めての一人暮らしについては? 初めて帰省したときは?

母:成長したなと思いました。
表情や顔つきも変わって「すごく(社会)勉強したんだろうなぁ」という感じでした。

娘:いやいや(苦笑)。
初めて帰省した時は、搭乗手続きに手間取って飛行機に乗れないハプニングがあったから(笑)。
関空から慌てて伊丹空港に移動して次の便を探してもダメで、 また関空に戻ったり。
あの時は心が折れましたが(笑)、今は1人で飛行機に乗れるようになりましたよ(笑)。

初めて帰省したときは? MEGで働いてよかったと思うことはありますか?

娘:3年を経てリーダーを任されるようになり、自分の中で何かが変わってきました。
若いうちに「和の作法」も学べますし、どこでもやっていける自信が持てました。
同期の中でも1番最初に辞めると思われていた私ですが、ここまでやってこられたのは「母の言葉」のおかげです。
母は私が落ち込んでいると、いつでも「帰ってきていいよ」と言ってくれました。
その言葉を聞いて「いつでも帰れるんだ」と安心できて「もう少しがんばろう!」と思うことができたんです。

母:離れていてもわかり合えるのが親子ですから。
娘は私にとっても大きな存在で、いつまで経っても、どこにいてもやっぱり「家族」なんです。

MEGで働いてよかったと思うことはありますか? 親御さんへのお手紙「ふるさと便」

もっとMEGを知りたい方へ MEG採用ブログ

プライベート
2017.10.20

有馬温泉行ってきました~

お知らせ
2017.10.13

株式会社ワークステーションMEGの求人情報♪

お知らせ
2017.10.13

〜HPがリニューアルしました♪〜